ウォーターサーバーを入れて問題があった話

細菌に対するケアが重要

ウォーターサーバーの水は塩素臭などしないクリアでおいしい水です。ただ、サーバーを雑に扱うことでおいしくて安全な水が、菌の多い危険な水へと化してしまいます。水を出す時に空気がゴボゴボと入りますが、この時に空気中の菌も一緒に入ってしまいます。しかしこれは防ぎようがありません。

問題は蛇口周辺です。蛇口にコップなどが頻繁に当たることで菌が移って繁殖してしまいます。蛇口から直接飲むという方は少ないかと思いますが、これも口内の菌が蛇口に移ってしまいますので危険です。一度サーバー内に入った菌は消毒をする訳にもいかないので増える一方です。水が濁ってくるなどした場合は飲むのを控えるなど適切な判断をする必要があります。

熱湯による事故にも注意

ウォーターサーバーは、冷たい水を出すことはもちろん、熱湯を出すことができる場合も多いです。単純に間違えてしまったり、子供が出してしまったりすることで火傷をしてしまいます。最近はストッパーがついている場合がほとんどですが、それを解除してしまう場合もあります。柵を設けるなどして子供に触らせないような工夫が必要です。また、常に熱い湯や冷たい水を出せるということは常にそのような準備をしているということであり、意外と電気代がネックになる場合があります。電気代がネックで使わなくなってしまった・・・などの結末にならないようにしっかり頭に入れておく必要があります。
ウォーターサーバーは便利ですが、使い方に注意をしないと上記のような問題点が発生してしまいます。裏を返せば、正しく使うことで危険性を排除していくこともできるのです。

水宅配では必要な時に連絡をすれば業者が直接届けてくれるので、買い置きや面倒な手間もなく非常に便利です。