停電時のウォーターサーバーの使い方

停電時にも使えるものが一般的!

水の安全性が大きな課題になっている中で、ウォーターサーバーにセットして使う宅配水が注目されています。ウォーターサーバーを設置することによって、重い水を自宅まで届けてもらえることや、温水や冷水が好きなときに使えるメリットが大きいといえます。
ただし、水の温度を管理するためには、ウォーターサーバーを電源につないでおく必要があります。電気代も気になりますが、電気ポットを使うよりも安いともいわれています。しかも、温水と冷水との両方が使える便利さは見逃せませんね。
気になるのは、停電時にウォーターサーバーが使えるかどうかです。結論からいうと、多くのウォーターサーバーは停電時にも使用できます。ただし、電気が使えないため、常温のみでの使用になることを知っておきましょう。

アウトドア用として対応できる宅配水も!

停電時には、ウォーターサーバーから水を汲むだけでなく、宅配水を直接使う方法もあります。また、災害時やアウトドア用として使うために、付属品がついた宅配水も注目されています。もちろん、使える水は常温のみということを知っておきたいですね。
宅配水を使うときは、ウォーターサーバーにセットしてコップなどに汲む方法が理想的です。しかし、電気が使えないという非常事態では、贅沢を言っている場合ではありませんね。宅配水のボトルから水を汲むのは、重かったりこぼれそうになったりして使い勝手がよくありませんが、思い切って使うようにしましょう。
また、宅配水を開封してしまうと消費期限が短くなりますので、飲料水だけでなく生活水としても使用することをお勧めします。

水のサーバーを導入すれば低コストでいつでも品質の高い水を飲むことが出来るので、日常生活にも役に立てられます。